PAUL
NICHOLSON

ポール ニコルソン ― Animation Director

10年間に渡ってアニメーションの分野で働いてきました。
来日前は Cartoon Network の「おかしなガムボール」という番組で、Key Animator を担当していました。

元々は美術を専攻していましたが、ストーリーやキャラクターに関して興味を覚えるようになり、
感情や物語をイメージとして具現化する事に今はとても関心があります。
モンブラン・ピクチャーズでそのことをもっと展開したいと思っています。

Originally a fine arts graduate, an interest in story and character paved the way to becoming an animator. With ten years’ experience working in London and Shanghai for clients such as Cartoon Network and Warner Bros., Paul joined Mont Blanc in 2016 as an animation director.

1.パンニング・バックグランド・デザイン
背景を作る際には、それぞれの視覚的な要素(遠近法、稜線、色彩など)を生かして
観客の視線を導くよう、意識してデザインしています。

2.背景デザイン
想像した眺めです。単純な形と色を組み合わせて、構図を綺麗にバランスをとるのが好きです。

3.Sleepy Kids.
夢遊病というテーマで描いた作品です。
この概念をどうやってイメージに落とし込むかがポイントでした。

4.キャラクターデザイン
若干落胆して、居場所のない可愛い子を描きたかった。
それに加えて、寂しさに根ざした独特な暖かみもあるということも表現したかったことです。

5.キャラクターデザイン
盛り上がっているタコです。

WORKS

BACK TO LIST