シマノリズム
軍艦島デジタルミュージアム

"SHIMANORHYTHM" Gunkanjima Museum

シマノリズムは、2015年にオープンした「軍艦島デジタルミュージアム」の展示の1つです。
最盛期の軍艦島を再現した白模型へ投影するプロジェクションマッピング映像を制作しました。

長崎県の沖に浮かぶ世界遺産・軍艦島は1974年に無人となり現在では廃墟となっていますが、
最盛期には南北に約480メートル東西に約160メートルあまりの小さな島に5000人を超える人々が
生活していました。
白模型に投影された当時の島の中に抽象的な表現の群衆を動き回らせることで、
世界最高であったとも言われる人口密集地に暮らす人々の賑わいや生活を彩る行事の数々を再現しました。

リアルタイム CG による”チープ”な群衆シミュレーションを使うことで、
コミカルで温かみのある表現を目指しました。

軍艦島デジタルミュージアム

Museum exhibition image produced in 2015.
A presentation at Gunkanjima Digital Museum.
The world heritage site Gunkanjima, meaning battleship island, is a small island off of Nagasaki on which lived in it’s heyday about 5,000 inhabitants within it’s 480 by 160 meter radius, and was abandoned in 1974.
The presentation is a 4 metre long model of the island, brought to life with projection mapping, and expressing the bustle of activity the island had in its prime.

TEAM

IMAGES

BACK TO LIST