otodama by Vibracion Cajon

otodama by Vibracion Cajon は、
楽器演奏によって他者とのコミュニケーションを楽しむインスタレーションです。

奏でた音を振動に変換して他者に伝える楽器 Vibracion Cajon にインタラクティブな映像表現を加えることで、
バリアフリー性やエンターテインメント性を向上させました。

打楽器によるコミュニケーションを通じてはじめて会った人同士が心を開き、
あるがままに笑顔で楽しい時間を共有しあえるOTODAMA by Vibracion Cajon は、
そんな新しいコミュニケーションの形を実現するためのデジタルインスタレーションです。

Interactive installation produced in 2014.
otodama by Vibracion Cajon is an interactive installation for communication through musical instruments. Notes played through the Vibracion Cajon are translated into vibration in the others instruments, as well as visual expressions. Through this innovative interactive platform, adults, children and even those disabled to enjoy sound or hindered with social anxieties are able to experience the joy of communicating through music.

TEAM

Planning, Instrument Design,
Instrument Development
: Junichi Kanebako

IMAGES

BACK TO LIST